世界への挑戦を続ける自動車メーカー、ジャガー

ジャガーE-PACEによるバレルロール世界記録から3ヶ月弱が経過しました。そして、テリー・グラントがF-PACEを駆って成し遂げたループ・ザ・ループスタントから2年が経ちました。しかしこの自動車メーカー、ジャガーは世界への挑戦を続けます。そして、さらなるギネス世界記録を打ち立てたのです。

今回、ジャガー・ランドローバーが、前オリンピックスキーヤーの協力を得て達成したのは「 スキーが牽引された最速記録|Fastest towed speed on skis 」。 


Fastest towed speed on skis attempt

白羽の矢が立ったのは、過去にスキー自己最速記録として195km/hを樹立したイギリスのグラハム・ベルです。

ジャガーランドローバー欧州エンジニアリングオペレーションズマネジャーのフィリップ・タルボイズ(英)がハンドルを握るXFスポーツブレイクに引かれたグラハムが、記録達成するのに必要な速度は平均112.65km/h

このような高速度域の実現は、力量やスキルが求められると同時に、かなりの危険をはらんでいます。

112.65km/hを破り、189.07km/hでギネス世界記録達成


それを跳ね除け、この向こう見ずなスキーヤーが今回公式の挑戦で叩き出したのは189.07km/hという前人未到の記録でした。

ギネスワールドレコーズの公式認定員 アンナ・オルフォードが記録に立会い、「スピードトラップ」(コースのスタートとフィニッシュ地点に設置された電気的な計測器)を用いた計測が行われたことを確認しました。

Fastest towed speed on skis Jaguar

挑戦を終えたグラハム・ベルは次のような言葉を残してくれています。

" 新たなギネス世界記録を樹立できたことを誇りに思います。これはまさに、挑戦の各段階で私をサポートしてくれたジャガーのエンジニア達による、チーム力の賜物と言えるでしょう。XFスポーツブレイクは最初から最後まで安定していて、新記録を単に達成するだけではなく、以前の記録を大きく塗り替えることを確信させてくれました。"


更に、ジャガーXF・ビークル・ラインのディレクターのニック・コリンズは次のように語ります。 


「 XFスポーツブレイクは、サルーンに進化した全輪駆動(AWD)技術、そしてアルミインテンシブ構造を採用し、複数の賞を獲得しました。
  素晴らしいハンドリング、強力なトラクション、そして抜きん出た高速安定性を持つこの車は、今回の記録挑戦にベストな選択だったと言えるでしょう。」


Fastest towed speed on skis certificate presentation

今回の記録挑戦は、スエーデン・アリエプローグにあるジャガー・ランドローバーのレビ・テストセンターにおいて、マイナス28度という極寒の中行われました。

ギネス世界記録への挑戦で「新商品などのプロモーション」にご興味をお持ちの企業は、コチラへ。