900ichigotumi.jpg

震災後の復活の道のりの心を未来に向けて

2017年3月5日、宮城県亘理町において、集まった人たちみんなで苺を同時に収穫する世界一に挑戦するイベントが行われました。

この挑戦には、「震災後に建てられたハウス」で栽培された宮城県にしかない苺品種の「もういっこ」が用いられました。

この摘み取りイベントに集まってきたのは亘理町の町民を中心に1000人にを超える人々でした。これだけの人々が集まってきたのには、大きな理由がありました。

実は、東日本震災以前、年間約2200トンの生産量をほこり、亘理町は東北地方で一番の苺産地として知られていました。しかし、震災の被害は甚大で、250戸ほどの農家のうち大半の農家が同町の作付面積の9割以上が津波でひどい被害を受けることになってしまったのです。

そして、津波による被災は塩の害、「塩害」というものをもたらしたため、栽培方法も変わってしまったのです。

それでも、被災からこれまでの復興を通して、復興交付金を活用しながらビニールハウスを大型化、集約化して「イチゴ団地」を造成したのです。現在では、ハウス団地を含めて数えると、170戸が苺の栽培を再開している形になるそうです。震災前と比べると、生産農家の数は減りましたえが、2016年の苺の生産量は、震災前の約80%に相当する、1800トンまでもどってきたのです。

こうして苦難を乗り越えた彼らは、今、新たに苺農家として生活できていけることに、安心感を感じてもいるようです。
 
 hatake-ichigo.JPG

苺の甘い香りが漂う中、素敵な雰囲気での挑戦

そんな彼らが、挑戦したのは、「同時にイチゴ狩りをした最多人数|Most people picking strawberries simultaneously (single venue)」だったわけです。そんなことから、思い入れは一入(ひとしお)。多くの地元民が集まり、みんなで復興を祝い、祈り、達した数字は、1141人でした。
 
ギネス世界記録公式認定員の古屋洋子が、「認定」のアナウンスを行うと、朗らかな笑顔が会場に広がったのでした。

認定員の古屋も、同記録挑戦を「甘い香りの中で、素敵な挑戦」と表現してくれました。
 
nintei-ichigo.JPG

ギネス世界記録への認定、本当におめでとうございます!
 
[ 編集部 ]