※当記事は、2016 年12月2日現在の記事です。

エマ婆ちゃん、おめでとう!

2016年11月29日、存命する最高齢の人(Oldest person living )として認定されているイタリア人のエマ・マルティナ・ルーリア・モラノさんが誕生日を迎えて、117歳になりました。

彼女の誕生日は、1899年11月29日、つまり今から117年前です。現時点では、彼女こそは、この地球上において、19世紀に誕生した最後の人間だと考えられております。

「現在の彼女は?」と言えば、エマさんは24時間のケアを受けながら、何年間も家から出ないで過ごしています。そんなエマさんですが、同日、誕生日を祝福され、本当に嬉しそうな顔を見せてくれました。

 エマさんの偉業達成に関して、ギネスワールドレコーズ記録管理部部長のマルコ・フリガッティは、「この記録カテゴリー、最高齢にまつわる世界一は、世界中に様々なイマジネーションをもたらせてくれます。きっとエマさんは、人生の価値を私たちに教えてくれるはずです。」


 
Oldest living person Emma Morano GWR certificate presentation
 
北イタリアのピエモンテ州ヴェルチェッリという街で生まれ育ったエマさんは、後にヴェルバニアというマッジョーレ湖のある土地に引っ越します。以降、同地で人生を送ってきました。

彼女はここで、日々、規則正しい食生活を送ってきたようです。どんな食べ物を口にしているかと言うと、1日3個の卵(生卵を2つ、調理されたものを1つ)と、新鮮なイタリアンパスタ、そしてハムなどの生肉です。さすがに現在は、卵2つとビスケットを数枚という少量の食事に移行しているようですが、健康で長生きする秘訣は、卵にあるのかもしれませんね。
 
Oldest living person Emma Morano GWR certificate
 

波乱万丈な人生 

エマさんは第一次世界大戦で最前線で戦うことになる男性と婚約しました。しかし悲しいことに、彼女がもう一度、彼と再会することはありませんでした。彼は戦死したと考えられたのです。

しかし1926年、彼女は別の男性と出会い結婚することになります。そして一人の子供を授かります。しかし、その子はわずか6ヶ月でこの世を去るという悲劇に見舞われました。

この結婚は虐待的なものでした。彼女の夫は、「結婚しないと殺すぞ」と脅したといいます。1938年、子供を失った後、エマさんは夫と離婚すると、二度と再び、結婚をするという道を歩むことはありませんでした。
イタリアの故郷ヴェルバニアでは、彼女の波乱万丈な人生に触発されたミュージカルにまでなっています。それほど、人の心を揺さぶる生涯を過ごしてきたということなのでしょうね。

最高齢の人々

ちなみに、これまで生きた最高齢の人物は、やはり女性でジャンヌ・カルマンという人物で、122年164日間、生き、史上最高齢の人(Oldest person ever)として認定されております。現時点では、エマさんは、カルマンさんが他界された年齢より5歳ほど若いことになります。また、男性で存命の最高齢の人(ldest person living (male))は、イスラエル・クリスタルさんで113歳、第二次戦下のホロコーストを生き抜いてきた人です。 


ギネス世界記録の中でも、この「最高齢」関連の記録は、非常に注目をあつめる記録です。また、日本においても、多くの最高齢者たちが認定されてきた歴史があり、今後も日本から生まれていく可能性も高く、見守っていきたいですね。 


☆ その他の「最高齢」に関しての記事は、以下からご確認ください。


★ 『 ギネス世界記録、存命の最高齢(男女)の記録、最長寿の記録について|世界一、最長寿 』


★ 『RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの音楽を手がける作曲家 すぎやまこういち氏がギネス世界記録に認定 』



[ 編集部|スズ ]

 
Guinness World Records announces new Oldest man Israel Kristal header
 
2017book_M
書籍『 ギネス世界記録 2017 』には、これ以外にも、様々な驚きの記録を収録しております。