2014年のワールドカップがいよいよはじまりました!

今回の記事では、日本代表は関係ありませんが、
より一層、ワールドカップムードを高めるために、
過去のワールドカップを振り返って、そこで生まれた重要な記録を記してみたいと思います。

下記を読んでいただければ、
2014年のブラジルのトーナメントで、一体、なにがあったのか?
少し復習ができるはずです。

Ronaldo-main.jpg

さて、この写真。皆さん、ご存知のとおり、ブラジル代表ロナウド選手です。
彼が保持するギネス世界記録は、なんだか分かりますか?

そのタイトルは、
FIFAワールドカップ決勝で最も多くゴールを決めた選手です。
Most FIFA World Cup finals goals by a football player.

ちなみに、彼が決めたゴール数は、15ゴール。
1998年のフランで4ゴール、
2002年の日韓で8ゴール、
2006年のドイツで3ゴール
という具合。さすがブラジルの国民的ヒーローですね。

Just-Fontaine-Article-580-327.jpg

さてお次です。皆さんは、
フランスのジュスト・フォンテーヌ選手って、ご存知ですか?
彼が1958年に成し遂げた記録は次の記録です。

1つのトーナメントで決めた最多ゴール数
Most Goals in a Single tournament

なんと、この選手は、ひとつの決勝トーナメントにおいて、
13ゴールも決めてきます!
スウェーデンでの樹立された記録でした。

World-Cup-rewind-1994-Article-580-327.jpg

さて、次は、1994年アメリカで開催されたワールドカップの記録です。

アメリカとサッカーというのは、あまりイメージで結びつきにくいのですが、
アメリカで開催されたこのワールドカップが、実は観客動員数が最も高かったのだそうです。

記録名は、

FIFAワールドカップで最も多くの観客を動員した数
Largest Attendance at a FIFA World Cup

観客動員数は、3,587,538人!
1試合あたりでは、 68,991人を動員したとのこと。

すごいです。

Hakan-Sukur-main.jpg
さて、ここでクイズです。
ワールドカップの試合の中で、
最もはやくゴールを決めた、その時間?
わかる方、おりますか?

なんと、この時間、たったの11秒です。

この記録を打ち立てたのは、
2002年の日韓ワールドカップ時の
トルコのハカン・シュキュル選手でした。
記録名は以下の通りです。

FIFAワールドカップで最もはやく決められたゴール
Fastest goal in a football (soccer) FIFA World Cup match

José Batista main
続いては、ホセ・バティスタ選手という、ウルグアイの選手の
あんまり誇らしくはないだろう記録を紹介しましょう。

この記録のタイトルは、

FIFAワールドカップにおいて最もはやい退場
Fastest expulsion from a football (soccer) FIFA World Cup match

こちらは
1986年のメキシコワールドカップ、スコットランド戦で打ち立てられたもので
その時間は、たったの1分でした。
夢の舞台が、たったの1分だなんて…。

Iniesta-2010-goal-Article-580-327.jpg
そして、登場するのが、スペインのアンドレス・イニエスタ選手です。

彼がつくり出した記録は?と言うと…。

FIFAワールドカップ決勝トーナメントにおいて最もおそい時間に決められたゴール
Latest Match-Winning Goal in a FIFA World Cup Final

この記録は、2010年の南アフリカ大会で記録されたもので、
その数字は、116分でした。

90分の試合後の延長戦でのできごとです。

Maracana-Article-580-327.jpg

そしていよいよ最後の記録。

こちらは、
1試合にける史上最も多くの観客動員
Largest attendance at a football match

という記録の紹介です。

ときはさかのぼり、1950年のブラジル、
リオ・デ・ジャネイロのエスタジオ・ド・マラカナンで行われた試合です。

ウルグアイ対ブラジルの一戦、
ここに集まってきた観客は、
なんと、
17万3850人!!

これは国をあげて忘れることのできない、
そんな想像を絶する一戦だったのだろうと思います。

やはり、ワールドカップというと、一体感。
これからも、様々なドラマが繰り広げられると思いますが、
どうぞ、みなさん、この「一体感を感じる」いうことを忘れずに、
またとない観戦、楽しんでくださいね。


[編集部 スズキ]