人間の可能性を超えて、重力の原理を超えて


ブダペストからやってきました「Lords of Gravity(重力の支配者)」という名のチームを紹介しましょう! このチーム、何を隠そう、過去の数年間において、不可能と思えるようなスラムダンクを決めたことで、大衆を魅了してきております。

ハンガリーで生まれたこのプロのアクロバット集団「重力の支配者」の中には、シルク・ド・ソレイユの元パフォーマーや、トップクラスの体操選手も在籍しており、彼らは精巧に練られたトランポリンの動きと、プロ顔負けのバスケスキルとを組み合わせたことで、最高なパフォーマンスを見せてくれたのです。


 メンバーのツァナド・キャロリー・ボーレイが見事に「トランポリンを用いた最も遠い距離からスラムダンク ( Farthest Forward Flip Trampolines Slam Dunk )」として認定されたことにより、このチームには、また1つの華、ギネス世界記録が添えることとなったと言えましょう。

 ギネス世界記録として認定されました奇跡の瞬間を、下の動画で確認しましょう。こちらの映像は昨年12月、キプロスの首都ニコシアにあるエルセリア・スポーツアリーナで行われたイベントにて、ツァナドがゴールから8メートル離れた場所からスラムダンクを決めた驚愕のシーンです!

ウワッ! こんなスラムダンクって、ある?


過去の15年においてこのラクダ・フェスティバルは、同国の同地域全体で行われており、この国においても、「二峰性ラクダ」の価値が著しく上昇 しました。最近行われたこの挑戦は、2011年11月19日の中国の内モンゴル省、阿拉騰敖包町のタムスにて、内モンゴル省地方政府アルシャリーグによっ て達成されました555人という記録のほぼ倍を記録しております。


  • 記録名:Farthest Forward Flip Trampolines Slam Dunk
  • 記録: 8 m
  • 記録保持者:Csanad Karoly Borlay (Hungary)
  • 挑戦日:2015年 12月27日
  • 記録のタイプ:スラムダンクの世界記録(世界一)、バスケットの世界記録(世界一)、ハンガリーの世界記録(世界一)

「ギネス世界記録」に挑戦する

書籍 『ギネス世界記録2016』の詳細はコチラ