アメリカ カリフォルニア州オレンジ郡にあるハンティントン・ビーチにおいて、素晴らしいギネス世界記録が生まれました。その記録とは、美しいビーチに相応しいもので、1台のサーフボードに乗った最多人数、Most People Riding A Surfboardという記録でした。 この挑戦、アメリカ版町おこしともいえそうな記録です。

サーフィンはサーフィンでも、沢山の人で乗るサーフィン?

アメリカ カリフォルニア州オレンジ郡にあるハンティントン・ビーチにおいて、素晴らしいギネス世界記録が生まれました。その記録とは、美しいビーチに相応しいもので、1台のサーフボードに乗った最多人数、Most People Riding A Surfboardという記録でした。 この挑戦、アメリカ版町おこしとも言えそうな試みとなりました。

さて、皆さん、既にトップの写真でご覧いただいているので、その凄さはビジュアル的には感じていただいていると思いますが、これ一体何人が乗っていると思いますか? 実はここで一斉に波乗りをしているのは66人という信じられないほどの人数なのです。これは、サーフィン100年祝にちなんで催された挑戦で、乗っている人たち、笑顔ながらもかなり真剣な表情を浮かべているのは、彼らが皆、心からこのビーチとこのスポーツを愛するサーファーだからです。でも、年齢は15歳から79歳までとバラバラです。設定要件としてあった波乗り時間は10秒間、自然相手の時間としてはかなり長い時間です。この10秒、心をひとつにするには、たとえ熟練のサーファーばかりでも、真剣に取り組まなければいけないというわけです。

ちなみに、この記録が破られる前の記録は、オーストラリアのクイーンズランドで達成された47人という記録でした。ですから、19人ほど多くの人が1台のサーフボードに乗った計算になります。そして、彼らが波に乗っていた時間は、なんと13秒間という時間で、見事に前記録保持者の記録を更新することになったのです。

most people riding a surfboard - spectators 
 
ちなみにこの挑戦は、国際サーフィンデイに合わせて行なわれたもので、ハンティントン・ビーチの街がサーフ・シティである知って欲しいとの願いが込められて催されたのでした。そして、この記録達成と合わせて成し遂げられたギネス世界記録がありました。その記録とは、最大のサーフボード(Largest Surfboard)という記録です。そう、66人もの人が乗るには、やはり世界最大のサーフボードが必要になるわけですね。
 
Most people riding a surfboard - lifting
 

世界最大のサーフボード、サーフ・シティとしての地域おこし


そのサーフボードのサイズとは、長さ12.83m、幅3.37mという驚きのサイズです。ちなみに前記録保持者らが用いたサーフボードを比較対象とすると、こちらは、長さ12m、幅3mです。長さ83cm差、 幅37cm差です。これは、いづれにしても、相当な大きさのボードだということになります。
 
この記録を受けて、ハンティントン市長は、「これはハンティントンビーチにとって素晴らしいことです。巨大ボードに関しては、国際サーフィン博物館の近くに展示する予定です。きっとこのビーチのシンボルのような存在になってくれると思いますよ。ギネス世界記録への認定、市としても本当に誇らしい気持ちです。」と喜びを言葉にしてくれました。

と色々書き連ねましたが、百聞は一見にしかず。まずはこの記録挑戦をご覧下さい。サーフィンを愛する者たちが、一緒にボードにワックスをかけ、運び、列をつくり、海へ出て、波をつかまえる。こんなにサーフィン愛に溢れた挑戦を見せられると、胸が熱くなってしまいます。ハフィントンビーチの地域おこしにつながれば嬉しいですね。ギネス世界記録への認定、おめでとうございます!
 


⇒ギネス世界記録の挑戦に興味がある方はこちらへ