結果

売り上げへの貢献
238,000ケースを販売、前年比561%の成長
リーチ
全国ネットテレビ局3局、総視聴者数1億2千万、全国紙5社による報道
Facebookリーチ
1,025,000

概要

パキスタンのコーク・スタジオは創業10年、今やパキスタンの音楽製作の一丁目一番地となり、年間のエンタメカレンダーで最大のイベントが行われる場所となりました。10周年を記念して、コカ・コーラはさらなる成長を願い、盛大な事をしたいと考えました。

Coca-Cola-Middle

ストーリー

ギネス世界記録は、「最大のパッケージされた製品ディスプレイ|Largest packaged product display」というタイトルをご提案しました。コカ・コーラのボトルのみで作られた1,470.81立方メートルのディスプレイを無事完成できるよう、プロジェクトマネージャーがプロジェクトの各所でサポートを行いました。

公式認定員を現場に派遣することができなかったため、最新の遠隔認定サービスを活用し、認定を行いました。加えて、挑戦前に公式認定員がプロセスやガイドラインを説明する動画も流れました。遠隔で審査が行われると、結果は動画を通して伝えられました。

イベントをさらに盛り上げるため、記録挑戦日の2週間前から「ギネス世界記録公式チャレンジ」ロゴをフルに活用し、記録達成後は6週間もの間「ギネス世界記録レコードホルダー」のロゴを使用しました。また、動画でのロゴ使用ライセンスを使用し、記録挑戦の様子をYouTubeで紹介することができました。

ギネス世界記録のサポートも貢献し、コカ・コーラ・パキスタンの売り上げは前年比561%の成長を遂げました。

コーク・スタジオはパキスタンの音楽シーンに革命を起こした場所。10周年を記念して、刺激的なことをしたいと考えていました。今年は Metro C&C との提携も10年を迎えるため、彼らとコラボレーションを行うことにしました。彼らとギネス世界記録タイトルを更新できたことを誇りに思っています。私たちのパッションと、斬新な考え方を推進するコカ・コーラシステムの姿勢を強調しています。

— CCIパキスタン ゼネラルマネージャー ジョン・M・ガルビン